top of page
1_edited_edited.jpg

がん抗原GD2をターゲットとする新規のCAR-T細胞療法特許に関するライセンス契約締結のお知らせ

各位

2023 年 1月13日

ティーセルヌーヴォー株式会社


がん抗原GD2をターゲットとする新規のCAR-T細胞療法特許に関する

ライセンス契約締結のお知らせ


ティーセルヌーヴォー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役会長:竹迫一任、以下「当社」)は、国立大学法人三重大学(本部:三重県津市、学長:伊藤正明、以下「三重大学」)と、上記の関連する特許について実施権許諾契約(以下、「ライセンス契約」)を締結いたしました。


CAR-T細胞療法は、白血病や悪性リンパ腫の治療に画期的な有効性を示し、2019年に国内で承認をされたキムリア®を始めとする難治性のがんに対する免疫療法として知られていますが、これまで固形がんに対しては十分な有効性が示されておりません。当社はこの固形がんへの治療を目的として、三重大学大学院医学系研究科個別化がん免疫治療学講座および三重大学複合的がん免疫療法センターにて見出されたT細胞療法の研究開発を共に手掛けて参りました。そしてこの度、GD2という糖脂質をターゲットとするCAR-T細胞療法に関するライセンス契約を締結いたしました。固形がんに有効なT細胞の実用化を加速させるとともに、再生医療の普及並びに発展に貢献してまいります。


以上


(ご参考)

GD2とは主に神経細胞表面に発現する糖脂質であり、小児がんの一種である神経芽腫をはじめ、トリプルネガティブ乳癌、メラノーマ等での過剰発現が確認されています。

bottom of page